自己評価

平成29年度 自己評価結果公表シート   富高幼稚園
1,幼稚園の教育目標
○幼稚園の目標
子どもの自立と共生の心を育む
○上記目標の達成のために
「健康な体」「豊かな心」「考える力」の育成に努める
2,本年度に定めて重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した幼稚園評価の具体的な目標や計画
重点的に取り組む目標をもとにした幼稚園評価の具体的な目標
 1,遊びを中心として子供たちが伸び伸びと活動をする教育活動の充実に努める。
 2,規範意識や思考力の育ちなどに関する指導の充実を図る。
 3,幼児の家庭での生活経験に配慮した基本的な生活習慣の育成を図る。
 4,安心で安全な幼稚園を保障するための取り組みに努める。
 5,幼稚園と小学校との連携を推進する
 6,地域交流、異世代交流、国際交流等豊かな体験活動の充実に努める。
3,評価項目の達成及び取組状況
評価項目 結果 理   由
(1)教育活動の充実 未満児や預かり保育の内容や環境を見直し、現在進行中だが改善に努めている。今年度初めて花育にも取り組み、環境も良く変わった為、活動の定着を図っていきたい。
(2)道徳指導等の充実 職員会で園児の実態把握に努め、職員全体の指導に一貫性が持てるようにしている。年齢に応じて自分たちで考える時間を意識的に取り入れている。低年齢児、配慮の必要な子どもへも絵カード等の利用で充実を図ってきた。
(3)基本的な生活習慣 挨拶カードや靴箱の印など、具体的対策に取り組んだ点は進歩であるが、年間を通して徹底していくことへの課題が残る。
(4)安心で安全な
   幼稚園
自由遊び見守りの為の監視を置いた事で、職員の見守りの意識や経験による危険予測の質が上がってきている。避難訓練は多様なパターンで取り組み、バス乗車時の避難マニュアル作成や訓練、備蓄にも着手した。
(5)小学校との連携 昨年度の職員間研修や園訪問による風通しの良さにより、引き継ぎが年々細やかに行われている。就学児の成長や課題をフィードバックしてもらうことで就学前の子どもたちの保育の参考になっている。
(6)豊かな交流体験
   の充実
例年行っている交流体験は内容がより充実したものになるよう意識して取り組んでいる。地域イベントにも可能な限り参加する努力をしている。
4,幼稚園評価の具体的な目標や総合的な評価結果
 結 果 理                由
「一人ひとりの自己肯定感」の育ちについて、全職員が意識しながら関わりを持っていく事の大切さを感じている。保育や安全管理の面でも、発展途上の部分や予測不能な部分にも柔軟に対応できる職員の判断力向上に努める事や、普段からの地域との繋がりを大切に関わっていく事も意識していきたい。
◎「3.4」の評価結果の表示方法
A 十分達成されている
B 達成されている
C 取り組まれているが成果が十分でない
D 取組が不十分である
5,今後取り組むべき課題
課  題 具 体 的 な 取 組 方 法
(1)教育活動の充実 子ども自らが試行錯誤しながら遊べる環境づくりをさらに進めていきたい。0歳から5歳児の職員全体が園の方針や教育目標に基づいた保育計画・実行ができるよう質を高めていきたい。
(2)道徳指導等の充実 引き続き、「いつ・誰と・どこであっても」ゆるぎない道徳観を育てるため、全職員間で、子どもと道徳観の共通理解に努めたい。
(3)基本的な生活習慣 家庭との連携を図り、年齢に応じた生活習慣の定着を図りたい。具体的な取り組みを行ったが、挨拶カードについては利用方法に課題が残った為改善したい。
(4)安心で安全な幼稚園 引き続き、全職員が事故0を日々意識し保育に取り組みたい。避難訓練についても、危機感を持って取り組み、今年度着手したマニュアル等の見直しも随時行いたい。
(5)小学校との連携 就学時の困り感等少しでも軽減し、子ども自身が安心して就学出来る様、幼保小中の連携を今後もより密にし情報交換に努めたい。
(6)豊かな交体験の充実 園庭での異年齢交流が事故防止の観点から難しくなってきている為、その他の部分でも工夫が課題である。


 ・学校関係者の評価   特に指摘する事項はなく、妥当であると認められる
幼稚園評価アンケート結果はこちらからアンケート結果






富高学園
富高幼稚園
日知屋幼稚園
大王谷幼稚園
日知屋東幼稚園
グリーンスクール