自己評価

平成30年度 自己評価結果公表シート   富高幼稚園
1,幼稚園の教育目標
○幼稚園の目標
子どもの自立と共生の心を育む
○上記目標の達成のために
「健康な体」「豊かな心」「考える力」の育成に努める
2,本年度に定めて重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した幼稚園評価の具体的な目標や計画
重点的に取り組む目標をもとにした幼稚園評価の具体的な目標
 1,遊びを中心として子供たちが伸び伸びと活動をする教育活動の充実に努める。
 2,規範意識や思考力の育ちなどに関する指導の充実を図る。
 3,幼児の家庭での生活経験に配慮した基本的な生活習慣の育成を図る。
 4,安心で安全な幼稚園を保障するための取り組みに努める。
 5,幼稚園と小学校との連携を推進する
 6,地域交流、異世代交流、国際交流等豊かな体験活動の充実に努める。
3,評価項目の達成及び取組状況
評価項目 結果 理   由
(1)教育活動の充実 子どもたちの「やってみたい」気持ちを大切に保育に取り組んできた。教育課程や教育目標を常に意識し、実践する点についてさらに努力していきたい。
(2)道徳指導等の充実 職員会で園児の実態把握に努め、職員全体の指導に一貫性が持てるようにしている。「いつ・誰と・どこであっても」ゆるがない道徳観を育てるといった点においてまだ出来る工夫と努力があると思われる。
(3)基本的な生活習慣 個人面談や送迎の際に、保護者との情報共有を意識的に行い、園と家庭との両方で基本的習慣の定着を図った。話の聞き方においては、園全体の課題として認識し、定着に向けて努力してきた。
(4)安心で安全な
   幼稚園
遊びの見守りはインカム等を活用し、常に子どもの状況把握と事故防止に努めている。不安要素のある点は見直し、報告の上改修・改善を行っている。
市役所との連携を図り、避難訓練を行っている。
(5)小学校との連携 例年の交流会の内容を見直し、より発達段階にあったものになるよう小学校に提案し改善した。就学前の職員訪問を依頼し、より細やかな実態把握ができるようにした。
(6)豊かな交流体験
   の充実
これまで園外活動の少なかった未満児も可能な限り園外活動を取り入れ、保育の充実を図った事で、自然と地域の方々との交流の機会が増えた。
4,幼稚園評価の具体的な目標や総合的な評価結果
 結 果 理                由
日々、事故0を意識し危機感を持って保育する中で、職員の危険予知能力や判断力の向上に繋がっている。また、「1人ひとりの自己肯定感」の育ちや、職員・保護者・地域との繋がりの重要性を感じ、全職員が意識しながら関わりを持っていく事の大切さを感じている。
◎「3.4」の評価結果の表示方法
A 十分達成されている
B 達成されている
C 取り組まれているが成果が十分でない
D 取組が不十分である
5,今後取り組むべき課題
課  題 具 体 的 な 取 組 方 法
(1)教育活動の充実 自らが試行錯誤しながら遊べる環境づくりをさらに進めていきたい。全職員が園の方針や教育目標に基づいた保育計画・実行ができるよう質を高めていきたい。
(2)道徳指導等の充実 全職員間で、具体的な指導法を考え取り組みたい。いつ、どこで誰であっても一貫した指導ができるよう、意識して経験の浅い職員の教育にも努めたい。
(3)基本的な生活習慣 今後も家庭との連絡を取りながら、生活習慣の定着に努めたい。習慣の一つひとつを丁寧に見直し、問題点は園全体の課題として具体的に取り組んでいきたい。
(4)安心で安全な幼稚園 全職員が危険予知能力の向上に努め、より安心で安全な幼稚園を目指したい。また、子ども自信の安全への知識・習慣の習得へも力を注ぎたい。
(5)小学校との連携 就学時の困り感等少しでも軽減し、子ども自身が安心して就学出来る様、幼保小中の連携を今後もより密にし情報交換に努めたい。
(6)豊かな交体験の充実 園内での異年齢交流の充実にまだまだ改善の余地がある。幅広い年齢が生活する空間をより充実した教育の場として活用したい。


 ・学校関係者の評価   特に指摘する事項はなく、妥当であると認められる
幼稚園評価アンケート結果はこちらからアンケート結果






富高学園
富高幼稚園
日知屋幼稚園
大王谷幼稚園
日知屋東幼稚園
グリーンスクール