自己評価

令和元年度 自己評価結果公表シート   日知屋東幼稚園
1,幼稚園の教育目標
○幼稚園の目標
子どもの自立と共生の心を育む
○子どもの自立を促すために
「健康な体」「豊かな心」「考える力」の育成に努める
2,本年度に定めて重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した幼稚園評価の具体的な目標や計画
重点的に取り組む目標をもとにした幼稚園評価の具体的な目標
 1,遊びを中心として子供たちが伸び伸びと活動をする教育の充実に努める。
 2,規範意識や思考力の育ちなどに関する指導の充実を図る。
 3,幼児の家庭での生活経験に配慮した基本的な生活習慣の育成を図る。
 4,安心で安全な幼稚園を保証するための取り組みに努める。
 5,幼稚園と小学校との連携を推進する
 6,地域交流、異世代交流、国際交流等豊かな体験活動の充実に努める。
3,評価項目の達成及び取組状況
評価項目 結果 理   由
(1)教育活動の充実 育てたい園児像を目標に、「ねらい」を明確にすることによって、具体的な計画を基に取り組んできた。ねらいの重視と継続の保育活動を通して、さらなる園児の成長を図りたい。
(2)道徳指導等の充実 A より良い指導の在り方や望ましい子ども像の更なる共通理解・実践に努めてきた。適時の的確な指導が見られるようになり、園児にも成長のあとが見られるようになってきた。
(3)基本的な生活習慣 挨拶、返事などの基本的な生活習慣の共通理解をしながら推進してきた。来年度は、「後始末」を加えての指導を行って「育てたい子ども像」に近づけたい。
(4)安心で安全な幼稚園 警察署・消防署・交通安全協会等の実践的な指導をいただきながら、避難訓練を実施することができ、成果を挙げることができた。計画・実施・評価により、改善を図っていきたい。
(5)小学校との連携 小学校での体験活動を実施することができたが、交流にとどまった。小学校とは情報交換が主となっており、「育って欲しい10の姿」を通してさらに連携を図っていきたい。
(6)豊かな交流体験の
            充実
外部講師との交流や福祉施設の訪問、地域の方々や事業所等への感謝の意を伝える交流を図ることができた。さらに目的意識をもたせて交流活動を行っていきたい。他園との交流も進めていきたい。
4,幼稚園評価の具体的な目標や総合的な評価結果
結   果 理                由
「共生と自立」という富高学園の教育理念を確立するために、めざす幼稚園像「褒めて、認めて、励まして、ありがとうの言葉あふれる幼稚園」と、育てたい子ども像「ひたむきに、がまん強く、しんせつに」をめざして、保育や園内での生活全般・各行事で意識し生かせるよう努めてきた。保護者への園評価結果においても、AもしくはBの評価が96.6%であり、保護者からも園内の保育活動について、一定の評価をいただいたと思う。基礎・基本を大切にしながら、適切な保育活動を今後も行っていきたい。
◎「3.4」の評価結果の表示方法
A 十分達成されている
B 達成されている
C 取り組まれているが成果が十分ではない
D 取組が不十分である
5,今後取り組むべき課題
課  題 具 体 的 な 取 組 方 法
(1)教育活動の充実 幼児期の終わりまでに育って欲しい10の姿の研修や、キャリアアップのための研修をさらに充実していく必要がある。
(2)道徳指導等の充実 動植物の飼育や栽培をとおして、自然への親しみや慈愛など、本学園のメリットとしてさらに経験を深め、高めていきたい。
(3)基本的な生活習慣 個人差に配慮しながら、教師間の共通理解と一貫性のある指導の継続を図っていきたい。「あいさつ」と「後始末」を重視する。
(4)安心で安全な幼稚園 避難訓練については、毎回課題を設定して取り組んでいきたい。新遊具への対応は、安全に配慮して適切に対応していきたい。
(5)小学校との連携 情報交換に偏ることなく、新任者研修等を基本に教師間の交流をさらに図ることによって、連携を深めていきたい。
(6)豊かな交流体験の充実 キャリア教育の観点から、中学生及び高校生との交流、事業所や施設との連携を図り、就学前教育を充実させていきたい。


 ・学校関係者の評価   特に指摘する事項はなく、妥当であると認められる
 幼稚園評価アンケート集計結果はこちらからアンケート集計結果






富高学園
富高幼稚園
日知屋幼稚園
大王台幼稚園
日知屋東幼稚園
グリーンスクール