自己評価

平成29年度 自己評価結果公表シート   日知屋幼稚園
1,幼稚園の教育目標
○幼稚園の目標
子どもの自立と共生の心を育む
○子どもの自立を促すために
「健康な体」「豊かな心」「考える力」の育成に努める
2,本年度に定めて重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した幼稚園評価の具体的な目標や計画
重点的に取り組む目標をもとにした幼稚園評価の具体的な目標
 1,遊びを中心として子供たちが伸び伸びと活動をする教育の充実に努める。
 2,規範意識や思考力の育ちなどに関する指導の充実を図る。
 3,幼児の家庭での生活経験に配慮した基本的な生活習慣の育成を図る。
 4,安心で安全な幼稚園を保証するための取り組みに努める。
 5,幼稚園と小学校との連携を推進する
 6,地域交流、異世代交流、国際交流等豊かな体験活動の充実に努める。
3,評価項目の達成及び取組状況
評価項目 結果 理     由
(1)教育活動の充実 年間行事や日々の保育にも色々なのが組み込まれており、クラスの実態・各年齢に応じた保育に加え、個性を活かしたり、食育活動、異年齢での保育を行うことができた。
(2)道徳指導等の充実 相手の思いを感じ取ったり、自分の思いを伝えたり、心情の育ちにも職員全体で共通理解の上で関わりを持ち、その都度子ども達の気持ちや背景を汲み取ることも重視してきた。
(3)基本的な生活習慣 園全体にも個人的にも個人差は大きいことが今後の課題でもある。家庭との連携も充実させ、丁寧に取り組み、積み重ねの成果がもう少し見られる関わりが必要ではなかったかと感じる。
(4)安心で安全な幼稚園 常に安全を意識した行動を呼びかけているが、教師側の配慮不足で怪我を負わせた。定期的に地域の避難場所や隣接している保育園との連携を通し、避難訓練を取り入れることができた。
(5)小学校との連携 小学校の運動会における徒走・小学生と年長児の交流・小学校の先生方との情報交換など、できる範囲での連携は図れたのではないかと感じる。
(6)豊かな交流体験の充実 A 今年度も学園内の交流が活発であり、園内では体験できない事を園全体として体験することができた。保育園との交流も定期的に行うことができた。
4,幼稚園評価の具体的な目標や総合的な評価結果
結   果 理                由
A 園全体としても、教育理念・教育目標に基づいた日々の保育、子ども達との関わりに力を入れることができた。今年度も、異年齢同士での交流保育や体験保育として年間を通して積極的に食育活動に取り組み、繋がりを意識した保育の充実性も体験できた。今後の課題点として挙げられた項目を、できることから見直し、心身ともに成長する機会を増やす努力に努めていきたい。
◎「3.4」の評価結果の表示方法
A 十分達成されている
B 達成されている
C 取り組まれているが成果が十分でない
D 取組が不十分である
5,今後取り組むべき課題
課  題 具 体 的 な 取 組 方 法
(1)教育活動の充実 教育理念を改めて確認し、保育、生活のより良い充実を考えていく必要がある。
(2)道徳指導等の充実 日頃の気付きや関わり、人権啓発研修会等での学びを活かすことも大切ではないかと思われる。
(3)基本的な生活習慣 基本的生活習慣の指導の意識を高めていけるよう、園内でもその都度話し合いを設けていきたい。
(4)安心で安全な幼稚園 今後も、定期的に安全点検や避難訓練を計画していきたい。
(5)小学校との連携 現在行っている連携に加え、幼保小中の連携会でのつながり方を確認していきたい。
(6)豊かな交流体験の充実 様々な世代の方や地域の方々との交流を深めていきたい。


 ・学校関係者の評価   特に指摘する事項はなく、妥当であると認められる
幼稚園評価アンケート集計結果はこちらからアンケート結果






富高学園
富高幼稚園
日知屋幼稚園
大王谷幼稚園
日知屋東幼稚園
グリーンスクール
Copyright(C)