自己評価

平成30年度 自己評価結果公表シート   日知屋幼稚園
1,幼稚園の教育目標
○幼稚園の目標
子どもの自立と共生の心を育む
○子どもの自立を促すために
「健康な体」「豊かな心」「考える力」の育成に努める
2,本年度に定めて重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した幼稚園評価の具体的な目標や計画
重点的に取り組む目標をもとにした幼稚園評価の具体的な目標
 1,遊びを中心として子供たちが伸び伸びと活動をする教育の充実に努める。
 2,規範意識や思考力の育ちなどに関する指導の充実を図る。
 3,幼児の家庭での生活経験に配慮した基本的な生活習慣の育成を図る。
 4,安心で安全な幼稚園を保証するための取り組みに努める。
 5,幼稚園と小学校との連携を推進する
 6,地域交流、異世代交流、国際交流等豊かな体験活動の充実に努める。
3,評価項目の達成及び取組状況
評価項目 結果 理     由
(1)教育活動の充実 食育活動も含め、日々様々な子ども達の様子から保育を考え、感性を育み刺激を感じさせてきた。四季を感じられる保育や体を鍛えていくもの、表現を十分に感じさせられるものなど工夫してきた。
(2)道徳指導等の充実 子ども達同士で起きている色々なトラブルや困り事、また日本の社会で起きている事等をクラスで話し合ったり、「自分なら」と自分の立場になって、また相手の立場になって考えることを日々行ってきた。
(3)基本的な生活習慣 入園した当初から生活の流れを徹底して行った。椅子の座り方や待ち方なども1年を通して見直したり、習慣化させてきた。園全体で自立に向け意欲的に取り組んできた。
(4)安心で安全な幼稚園 セキュリティがしっかりしている。防災訓練等も1ヶ月に1回以上実施したり、遊具の乗り方や園での過ごし方など、園児一人ひとりが安全に過ごせるように自分たちで考えていくようにしている。突発的な事例については未知数なので色々と想定していきたい。
(5)小学校との連携 幼小連絡会については、例年通り充実していると思われる。子ども同士の交流が少なかった。特別支援の面も含めさらに共通理解を図っていきたい。
(6)豊かな交流体験の充実 他園の園児たちが食育体験で来園した際は、皆で歓迎したり、ドッジボールの対戦(日知屋幼稚園VS他園)などでは、どちらの園も応援したり励ましたりと会話を楽しみ交流を深めてきた。
4,幼稚園評価の具体的な目標や総合的な評価結果
結   果 理                由
A 全体を通して、教育理念・教育目標に基づき日々の保育や園児、保護者とのかかわり、共通理解など、それぞれに力を入れることができた。異年齢の交流、食育活動の取り組み、野菜、花の栽培活動なども充実していた。また、学園内の園児との交流同様に、小学校、地域との交流を深めていきたい。課題点として挙げられた項目の振り返り、検討、実行に努め、より良い安全、安心な園づくりに努めていきたい。
◎「3.4」の評価結果の表示方法
A 十分達成されている
B 達成されている
C 取り組まれているが成果が十分でない
D 取組が不十分である
5,今後取り組むべき課題
課  題 具 体 的 な 取 組 方 法
(1)教育活動の充実 教育理念の理解・確認と共に、保育・生活に反映できるよう努める。
(2)道徳指導等の充実 日頃の気付きや関り、思いやりなどを大切にする心情や行動が反映できるような働きかけ、人権啓発の研修等への参加を活かすことを大切にする。
(3)基本的な生活習慣 基本的生活習慣の指導の意識を高め、実行できるよう働きかけを工夫するように努める。
(4)安心で安全な幼稚園 定期的な安全点検、避難訓練の計画と共に日々の周囲の様子観察を意識する。
(5)小学校との連携 現在行っている連携に加え、幼保小中の連絡会での共通理解を深めていきたい。
(6)豊かな交流体験の充実 園内の園児同士の交流、様々な世代や地域の方々との交流を深めていきたい。


 ・学校関係者の評価   特に指摘する事項はなく、妥当であると認められる
幼稚園評価アンケート集計結果はこちらからアンケート結果






富高学園
富高幼稚園
日知屋幼稚園
大王谷幼稚園
日知屋東幼稚園
グリーンスクール
Copyright(C)