自己評価

平成30年度 自己評価結果公表シート   大王谷幼稚園
1,幼稚園の教育目標
○幼稚園の目標
子どもの自立と共生の心を育む
○子どもの自立を促すために
「健康な体」「豊かな心」「考える力」の育成に努める
2,本年度に定めて重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した幼稚園評価の具体的な目標や計画
重点的に取り組む目標をもとにした幼稚園評価の具体的な目標
 1,遊びを中心として子供たちが伸び伸びと活動をする教育の充実に努める。
 2,規範意識や思考力の育ちなどに関する指導の充実を図る。
 3,幼児の家庭での生活経験に配慮した基本的な生活習慣の育成を図る。
 4,安心で安全な幼稚園を保証するための取り組みに努める。
 5,幼稚園と小学校との連携を推進する
 6,地域交流、異世代交流、国際交流等豊かな体験活動の充実に努める。
3,評価項目の達成及び取組状況
評価項目 結果 理   由
(1)教育活動の充実 A クラスの実態や成長の過程、発達段階における姿から遊びの幅を広げ、より充実した保育活動の計画を各年齢共に充実していた。
(2)道徳指導等の充実 A 子ども同士のトラブルや心の育ちについて職員間やクラス、園全体(体育館集会等)で話し合う場を設けている。規範意識が持てる為にも、教師も何気ない言葉のやり取り・関わりにしっかり向き合うことも心掛けてきた。
(3)基本的な生活習慣 A 衣服の着脱や後片付け、整理整頓など、繰り返し伝え取り組むことで、習慣化できるようにしている。個人差がある中、参観日や園だより、学年だよりで家庭との連携も図りながら継続していきたい。
(4)安心で安全な幼稚園 年3回、遊具の安全点検を行う。毎朝、掃除の流れで遊具付近にラインを引くようになり、子ども同士の接触や、遊具近くで転び怪我をすることが減ってきている。危険箇所の見直しを徹底していく。
(5)小学校との連携 年長児は、1年生の授業参観をする機会や交流会に参加をさせて頂いた。2月には情報交換会を開きスムーズな就学に向けて連携を図っているが、子どもたちの育ちや情報の共有の引継ぎを改善していく必要がある。
(6)豊かな交流体験の充実 B 国際交流、異年齢交流、中学生との交流をしているが、地域の方との交流は限られている。また、これからの課題のひとつとなる。
4,幼稚園評価の具体的な目標や総合的な評価結果
結  果 理                由
A 今年度は、職員間での園内研修のあり方も見直し、基本的生活習慣の積み重ねや保育の充実、職員間での連携のあり方等、共通理解を図る時間を設けてきた。目標に向けての過程を大切に、観察・分析する視点を引き続き大切にしていきたいと思う。
◎「3.4」の評価結果の表示方法
A 十分達成されている
B 達成されている
C 取り組まれているが成果が十分でない
D 取組が不十分である
5,今後取り組むべき課題
課  題 具 体 的 な 取 組 方 法
(1)教育活動の充実 日々の遊びが充実するように、計画された流れに対し、教師も資質向上に向け、観察・分析する視点を意識していくことや、そこから見えてくるもの・予想されることをしっかりと受け止めて次の行動につなげる努力をしていく。
(2)道徳指導等の充実 引き続き、全体集会やクラス単位でみんなで考える時間を十分に取り、家庭には園だよりや参観日を通して伝えることでスキルアップを図っていく。
(3)基本的な生活習慣 基本的生活習慣の達成には個人差が見られるので、全ての具体的な方法・工夫等細かく家庭にも知らせ、協力を仰ぐと共に、周知徹底をしていく。
(4)安心で安全な幼稚園 今年度、月に一度の避難訓練では、予期しない時間の訓練方法として登園後すぐや降園前、2月の参観日に保護者の方がいる場面での訓練を取り入れてみた。とっさの時に行動に移せるように、予期しない時間の訓練方法を引き続き取り入れていく。
(5)小学校との連携 幼稚園から小学校に訪問するだけでなく、小学校から幼稚園に来園して頂き、園の現状を知って頂いた上で、より深い連携を図る機会を検討していく。(毎年の課題)
(6)豊かな交流体験の充実 地域の人々とも交流を深めていくこととして、毎年課題である。まずは、どのようなことから出来ることなのかを年間計画で話し合っていく。


 ・学校関係者の評価   特に指摘する事項はなく、妥当であると認められる
幼稚園評価アンケート集計結果はこちらアンケート結果






富高学園
富高幼稚園
日知屋幼稚園
大王谷幼稚園
日知屋東幼稚園
グリーンスクール
Copyright(C)