自己評価

令和元年度 自己評価結果公表シート   大王谷幼稚園
1,幼稚園の教育目標
○幼稚園の目標
子どもの自立と共生の心を育む
○子どもの自立を促すために
「健康な体」「豊かな心」「考える力」の育成に努める
2,本年度に定めて重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した幼稚園評価の具体的な目標や計画
重点的に取り組む目標をもとにした幼稚園評価の具体的な目標
 1,遊びを中心として子供たちが伸び伸びと活動をする教育の充実に努める。
 2,規範意識や思考力の育ちなどに関する指導の充実を図る。
 3,幼児の家庭での生活経験に配慮した基本的な生活習慣の育成を図る。
 4,安心で安全な幼稚園を保証するための取り組みに努める。
 5,幼稚園と小学校との連携を推進する
 6,地域交流、異世代交流、国際交流等豊かな体験活動の充実に努める。
3,評価項目の達成及び取組状況
評価項目 結果 理   由
(1)教育活動の充実 A 様々な経験ができるような遊びの環境や、年齢・発達に応じた保育計画振り返りを各学年で話し合い、進めることができた。
(2)道徳指導等の充実 A 子ども同士のトラブルや心の育ちについて職員間やクラス、園全体(体育館集会等)で話し合う場を設けている。教師もすぐに答えを伝えるのではなく、自分で考え気付けるような言葉掛け・関わりを心掛けてきた。
(3)基本的な生活習慣 A 衣服の着脱や後片付け、整理整頓など、繰り返し伝え取り組むことで、習慣化につながっている。個人差がある中、参観日や園だより、学年だよりで家庭との連携も図りながら継続していきたい。
(4)安心で安全な幼稚園 年3回、遊具の安全点検を行う。毎朝の掃除の中で、園内の点検を兼ね、小石を拾うことや、遊具等変わった箇所がないかそれぞれの職員の目で確認を行う。予想外の怪我に対する色々な配慮を常に意識していきたい。
(5)小学校との連携 年長児は、1年生の授業参観をする機会や交流会に参加をさせて頂いた。2月には情報交換会を開きスムーズな就学に向けて連携を図っているが、子どもたちの育ちや情報の共有の引継ぎを改善していく必要がある。
(6)豊かな交流体験の充実 B 国際交流、異年齢交流、中学生との交流をしているが、地域の方との交流は限られている。また、これからの課題のひとつとなる。
4,幼稚園評価の具体的な目標や総合的な評価結果
結  果 理                由
A 昨年から園内研修のあり方を見直しているが、学年やクラスの実態について話し合う機会の中で、少しずつではあるが、より具体的な視点で協議していく姿勢につながってきていることを感じている。引き続き全職員で教育目標を振り返る時間を設け、共通理解を図りながら保育の質の向上を目指していきたい。
◎「3.4」の評価結果の表示方法
A 十分達成されている
B 達成されている
C 取り組まれているが成果が十分でない
D 取組が不十分である
5,今後取り組むべき課題
課  題 具 体 的 な 取 組 方 法
(1)教育活動の充実 日々の保育活動の評価・反省をしっかりと分析し、環境構成を含め見直していきながら、子ども達が自ら進んで活動を展開していく姿勢も大切にしていきたい。
(2)道徳指導等の充実 引き続き、全体集会やクラス単位でみんなで考える時間を十分に取り、家庭には園だよりや参観日を通して具体的に伝えることでスキルアップを図っていく。
(3)基本的な生活習慣 基本的生活習慣の達成には個人差が見られるので、全ての具体的な方法・工夫等細かく家庭にも知らせ、共通理解を図っていく。
(4)安心で安全な幼稚園 今年度、月に一度の避難訓練では、予期しない時間の訓練方法として登園後すぐや降園前、2月の参観日に保護者の方がいる場面での訓練を取り入れた。とっさの時に行動に移せるように、予期しない時間の訓練方法を引き続き取り入れていく。
(5)小学校との連携 幼稚園から小学校に訪問だけではなく、小学校から幼稚園に来園して頂き、園の現状を知って頂いた上で、より深い連携を図る機会を検討していく。(毎年の課題)
(6)豊かな交流体験の充実 地域の方々とも交流を深めていくことが、毎年課題である。まずできることとして、散歩や園外保育の中で、地域を知る機会や働きかけをしていきたい。


 ・学校関係者の評価   特に指摘する事項はなく、妥当であると認められる
幼稚園評価アンケート集計結果はこちらアンケート結果






富高学園
富高幼稚園
日知屋幼稚園
大王谷幼稚園
日知屋東幼稚園
グリーンスクール
Copyright(C)